スポンサーリンク

サタログ

旅に出たり、競艇したり、雑談したり。

レーシックを受けて10年くらい経ちました

レーシックを受けて約10年経ちました。

結論からいいますと、現在なんら悪影響はありません。

視力は
右1,5
左1,5
両眼2,0

左右のアンバランスに、違和感がある時期もありましたが、やって良かったかどうか?は、迷わずイエスです。

35万の当時一番高いコースにしました。


よく「10年後に、どうなるか分からないから危険!」と言ってやたら挑発する連中がいますが、レーシックをしなくても10年経てば、病気や事故で亡くなる場合もありますし、白内障(30代でなる方もいます)で眼内レンズを入れる可能性もあります。

また、コンタクトレンズも長時間装用を長期間続けると角膜が減少し装用が出来なくなることもある、実はリスキーな視力矯正具なんです。

そう考えると、レーシックだけ特別警戒する必要はありません。


また、既に当時で10年は軽く越える歴史があること、70人近く集団感染を起こした事故もありましたが、それは使い捨て用の器具を使い回した事が原因であること、更にその術式は今(手術を受けた当時)は、古いやりかたで、もっと安全になっている事が情報収集でき、決心しました。

(仕事で2年程眼科に出向していた事があり、そこはレーシックはしていない所でしたが、情報は集まるんですよね。)


当時を振り返りながら、手術の流れを書いてみますね。


①検診
角膜の厚みやら、なんやかんや手術が出来るかどうかをチェックします。OKなら、手術にあたりリスクを含めた説明をうけます。

②手術の数日前
数日前から目の消毒の目薬をさします。
コンタクトも装用禁止です。

③当日
手術は数分ですが、3時間位クリニックに居ました。
二時間おきに、目の消毒の目薬をさし、夜は無意識に触らない様に透明のカップを張り付け寝ます。

④翌日
1日後検診。術後異状がないかチェック。ここでOKがでるまで洗髪できません。

⑤1週間後、1ヶ月後
1週間後検診。1ヶ月後検診。
術後1ヶ月は銭湯や、プール禁止です。
(吸わないから覚えてないが、タバコも禁止だったような…)

⑥3ヶ月後
3ヶ月後検診。ここでようやく「なにかあればいつでも来て下さい」となります。
二時間おきの目薬はたしか、3日くらいだった様な…
で、1日数回の目薬は3ヶ月後検診まで続きました。


中にはタバコの煙や、目薬をしない、銭湯にいき雑菌が入るなどで感染症になる方もいるそうです…


私の場合、術後角膜の屈折が急に変わったことにより、夜間の光のにじみ、左右のバランスの違和感、ドライアイなどありましたが、事前説明を受けていましたので、「ああ、聞いてたやつか。」位のものでした。
半年位で慣れましたね。



今日はここまで。
あくまで個人の感想です。